MENU

弁護士に借金相談

貯金箱

債務整理をすると、借金が減額できるメリットはありますがブラックリストに登録されるデメリットがあります。5年はその情報は消えませんので、その期間新たに借り入れをしたとしても断られる可能性が大半です。デメリットはそれだけなので、返済に集中にできます。

詳しく見る

生活苦で借金減らしたい

レディ

給料が入ってもほとんどが借金返済に充てられ生活が苦しい、そういった方は弁護士に依頼して債務整理をする方法があります。債務整理をすることで、督促の電話はストップします。そして、弁護士が貸金業者に減額交渉をしてくれます。

詳しく見る

借金対応が苦しいなら

男の人

弁護士相談でできること

借金の返済に行き詰ったなら、弁護士や司法書士に相談して債務整理を行うことができますが、債務の総額や、今後継続的に返済できる収入があるかどうかで、取れる手段は異なってきます。弁護士や司法書士に相談した場合、大きく分けて3つの解決策のいずれかが提示されます。程度の軽いものから順に、任意整理、個人再生、自己破産の順番になります。任意再生は借金の減額効果は小さいですが、生活に与える影響は一番小さくてすみます。自己破産は借金がどれだけあっても帳消しにできる代わりに、生活に及ぼす影響も甚大です。個人再生は大まかにいってその中間のような措置になります。任意再生は裁判所を通す必要がなく、弁護士が直接各債権者と交渉して利子の発生をストップしてもえる方法です。強制力がないため、債権者によっては応じてもらえませんが、一部の債権者だけでも応じてもられれば借金が軽減でき、所持している資産も没収されないようにすることも可能です。個人再生は裁判所の命令で借金の8割を免除できる強力な債務整理手段ですが、残りの借金を確実に返済できるだけの綿密な計画の提示が求められます。この計画をきちんと立てられれば、大幅な借金減額を受けても住宅を手放さずにすむことがあるため、借金額の大きい人はこの方法を選択することが多いです。しかし、この計画が通らなかった場合は自己破産以外に債務整理の方法がなくなります。自己破産は強制的に借金全額をゼロにしてもらえる代わりに、住宅、自動車はもちろん20万円以上の価値のある資産は没収されます。個人の生活費目的程度の借金であれば任意整理で解決できるケースが多いですが、別な業者からの借り換えで返済するなどの誤った対処をしたばかりに借金がふくらんで、自己破産に至ったケースもあります。今悩んでいる方は、すぐにも弁護士や司法書士に相談を行いましょう。

借金で悩んでいる時

お金

借金が返せなくて困っている人は、弁護士に相談して解決方法を模索しましょう。債務整理では過払い金請求や任意整理の他にも、民事再生や自己破産という方法があります。債務整理を頼む事で、借金生活から抜け出す事が出来る場合があります。

詳しく見る

借金の悩みを解決

説明

返せない借金は弁護士に相談して債務整理をすることが勧められています。整理方法は主に3つあり、債務者によって適切な手段を選ぶことになりますが、自分に適した方法を選ぶためにまずは専門家の力を借りる必要があります。

詳しく見る

弁護士に借金相談

男性と女性

債務整理にはいくつか種類があってそれぞれ特徴が違います。同じ債務の問題を抱えている人でも借入額や収入などの条件は人によって違います。弁護士に相談する事でそれぞれのケースにあった最適な方法を教えてくれて、交渉や手続きのサポートもしてくれます。

詳しく見る

Copyright© 2018 債務整理をしませんか?借金地獄からの脱却法 All Rights Reserved.